English

SHOWA BOSTONからのお知らせ

2021.11.22

ボストンでボランティア

アメリカではほとんどの人が何らかの形でボランティアをしていると言っても過言でないくらい、ボランティアが日常生活の一部として捉えられています。昭和ボストンでも多くの学生が授業や課外活動のボランティアを行なっています。今回はその一例を学生のA.U. さんにレポートしてもらいました。
************************************
 
今日はボランティアの授業の一環としてCradles to Crayons という団体にボランティアへ行きました。ここは、子供のサイズオーバーした服などの古着を集め、貧しい子供たちへの提供を行っています。私たちは、服を男女、上下、サイズに分ける作業を行いました。日本でのボランティア活動は個人で行うものや、清掃活動、教育などがメインになるので、多くの学びがありました。自分がやっていることがそのまま他の人に繋がっていることを感じることができ、寄付やボランティアの意義について改めて考える機会になりました。