English

SHOWA BOSTONからのお知らせ

2021.11.17

アメリカの大学生と交流

昭和ボストンにはTOEIC 785以上の学生に申し込み資格のあるAmerican College Readiness(ACR) というプログラムがあります。これは将来大学・大学院留学や海外で仕事をしたい学生のためのプログラムで、アメリカのディスカッション方式の授業に積極的に英語で参加して自分の意見を言える学生が、厳しい英語面接や書類選考を経て選ばれます。このプログラムの目標は”Ability to survive and thrive at an American college”「アメリカの大学でサバイブするのみならず、活躍できる力をつける」ことです。このプログラムの学生とパインマナー大学の学生の交流レポートです。

「ニューイングランドスタディーズの授業の一環として、私のACRクラスでは、パインマナー大学の学生とフリーダムトレイルを歩きました。アメリカの大学生と交流もし、さらにガイドの方に建造物などの歴史を教えて頂き、大変貴重な経験が出来ました。実際に目で見て、土地を肌で感じ、アメリカ人と話すことでより一層、理解が深まりました。今ここで実際に多くのことを経験できる貴重な機会を大切にしたいと思います。」

– A.U., Showa Boston Student

Students got to enjoy learning about Boston together and then to talk more about Japanese things at Wagamama.  ..they still seemed to have a good time interacting– and it was great to see them walk around Quincy Market afterwards.”  – Mr. Cyrus Konstantinakos, Pine Manor College

「両校の学生が一緒にボストンの街について学び、『わがまま』(和食レストラン)で日本について語り、交流を楽しんでいました。後でクインシーマーケットで一緒に歩き回っている姿を見れて私もうれしかったです。」

-パインマナー大学教員サイルス・コンスタンティナコス

“The students had fun and seemed to be having good conversations! They were getting along swimmingly during the Freedom Trail tour as well.” – Ms. Bethany Falls, Showa Boston Faculty

「学生たちは楽しそうに会話を楽しんでいるようでした。フリーダムトレイルツアー中もとても仲良くしていました。」

-昭和ボストン教員ベサニー・フォールズ